Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

テスト勉強でまたも失敗。。。

投資ファイナンスのテスト。普通にやれば合格するはず。またも緊張状態へ。次は、そうならないように、しっかり準備するしかない。

本当の自分を取り戻せ

最近、どうやら自分がおかしいようだ。取り組むべき最も重要なことを後回しにしてしまっている。そろそろスイッチを入れて切り替えよう。もう23歳。人生は残り少ないのだから。

無用の心配をせず、目の前のことを楽しむ

どうも僕は昔からいらぬ心配をしてしまうタチで非常に困る。精神力を使って何か現実を変えることのできる場合であるなら構わないものの、もはや考えてもどうしようもないことにまで精神力を使ってしまい、結果として自滅していく。今回の旅行は、この点にお…

小さな失敗

小さな失敗というのはまたとない機会である。大きな失敗ほどコテンパンにやられていないがために、失敗を冷静に、かつ真剣に反省することができる。今回、僕は失敗を犯した。証券外務員試験という、受験者の7割が合格するという試験に落ちてしまった。原因は…

思考の及ぼしどころ

日々高いパフォーマンスを発揮しつつ生活するためには、思考の及ぼしどころをうまく区別していく必要がある。思考や判断は多くのリソースを要するもので、特にいろいろと物事を考え込みやすい性格の人間にとっては、これらの行動を何の脈絡もなく連発してい…

外資系投資銀行の大幅な人員削減発表をうけて

とある外資系投資銀行にて、東京オフィスの大幅な人員削減が発表された。ターゲットは現物株事業、すなわち株式のセールスやリサーチであるが、業務が関連するIBDにも影響があり、他人事ではない。ロンドンに来て、来年春から同じく外資系投資銀行で働く先輩…

旅の目的

イギリスを一ヶ月旅行している。おそらく、自分の人生においても、このように長期間海外で悠々自適に暮らすという体験は最後になろう。あらゆるものが制御されていないと不安になってしまう性格なので、今回の旅も目標・目的を設定して、それに向けて日々を…

特別講義 in London、£6.95 = ¥1320

ロンドンでは、THさんの所属するLSEのフラットに泊めてもらっている。一週間の滞在のうちに、THさんを通じていろいろな人とお話しさせていただくことができ、たいへん貴重な経験となった。LSEには、学部から進学している人もいれば、企業や官公庁からの派遣…

ロンドン投資銀行日記での一記事

元上司を訪ねて 数年前に会社を辞めた元上司の家を週末訪ねてエセックスに行ってきた。エセックスはロンドンの東、電車でリバプールストリート駅からは急行で20分程度で着く。思ったよりも近くて驚いたが、市街からわずか20分離れるとそこは一戸建ての家が立…

すばらしき卒業論文

こいつとの格闘はいつから始まっただろうか?本腰を入れ始めたのは、2015年9月の半ばあたりとなろう。長かった卒業論文執筆との闘いが、今日をもって終了した。 これほどまでに、失敗をしてしまったのは、人生のうちいつが最後だっただろうか。およそ一年前…

環境の変化で、人間の思考モデルがチェンジする。

メタモルフォーゼ。とにかく、我が道を行く

革命児になるには

当然だけど、まずはマインドセットから変えること。常識を疑う。

若さ

明治維新が始まったとされる1867年の時点で、 坂本龍馬:31歳 (維新十傑) 西郷隆盛:39歳 大久保利通:37歳 木戸孝允:34歳 小松帯刀:41歳 江藤新平:33歳 横井小楠:58歳 岩倉具視:42歳 広沢真臣:33歳 大村益次郎:53歳 前原一誠:33歳 (将軍) 徳川…

2016年の初夢

2016年の初夢は実に奇妙であった。 何人もの人間に追いかけられている。彼らは刃物や拳銃を所持していて、僕の命を本気で奪おうとしてくる。必死で逃げる僕。何度も訪れる絶体絶命のピンチ。ところが、突然で機転が利いたり、偶然に助けられたりで、なかなか…

You're so fucking special...

特別な人間になりたいとう欲求は、小さい時から人一倍強かった。それゆえ、正しいかどうかは別として、常に周りと違った行動をとるという事は心がけてきた。 やるときは徹底してやらなくてはいけない。中途半端は一番ダメ。自分で考えて、自分が納得した方法…

大晦日、元旦から働く人々

裏切られるのが怖い

基本的に、親族以外の人間関係は、損得勘定に基づく。

持っているカードで勝負しよう

持っているカードで勝負しよう。人それぞれ運命がある。基本的には、逆らわない方が良い。なんとなくこうなるなというイメージがわく僕には直感力がある

シンテジュンさん。自分に計画を。

PEの人たちは、必ず投資先の会社で事業計画を会社の人と一緒につくる。そして、その計画を作ったあとには必ずそれを細かく進捗確認し、時には計画を変更していく。計画はどうせ変更されるものだけど、ただ無鉄砲に行動するよりは仮説を立てて行動し、その仮…

人生の勝ちパターン

自分に何か他人により秀でたものがあるとすれば、それは、戦略や戦術を立てることにあるのかもしれない。何より一番印象的であった経験は、東大受験。サッカー部を引退し、文化祭の活動を終えたのが高校三年の10月。周囲から現役合格を絶望視されていたなか…

やはり、詳細な計画を立てて時間を創出することがカギ

シン・テジュンさんの記事より佐渡208kmのウルトラマラソンを走ったあと、いくつかのレースを走りながら、次に私が挑戦した大きなレースは、荒川と信濃川沿いに東京から新潟まで走る「川の道フットレース」でした。全距離520kmのこのレース、私は240km地点で…

Perfectionist...

またも、自分自身のメンタルについて驚かされた経験をしてしまう。今日の夕方、学校から帰ってきて部屋に入ると、ふと、いつも左ポケットに入れていたはずのiPod nanoが無いことに気がつく。いや、そんなことはない。と思って今度は右ポケットを。そこにも見…

(仮)これまで積み上げてきたものを大切にする。

前回の投稿を踏まえたうえで、それでもなお、以前に積み上げてきた内容をきちんと踏襲していくことの大切さを述べる。論文執筆も、同じようなことかもしれない。 とにかく、どれだけ小さな物事であれ、それまで積み上げてきたものを無駄にしてはいけない。

ダチョウ症候群に陥らない

何か高みを目指して、苦しみもだえながら一生懸命に生きているのであれば、たとえどれだけ無駄に思えるような時間を過ごしたとしても、後から振り返ればそれは決して無駄な時間ではない。苦しい時(スランプと言っても良いかもしれない)は誰にでも訪れるし、…

コレだと決めること

先ほどの投稿に引き続き。 何かを変えるためには、その変える元となるものがなくてはならない。そして、その変える元があまりはっきりしていない、考えられていない、ロジックが組まれていないものであればあるほど、新しく何か変えようという時に、そのアク…

窮すれば則ち変じ、変ずれば則ち通ず

ピンチはチャンス。精神的に苦しい時、何かがおかしいと感じている時は、調子が良い時に気がつくことのできない部分を変えていくチャンスでもある。 苦しい状況を脱するための二つの解はこちら。 ①苦しみを与えている根本原因を取り除く ②その根本原因はその…

慎 泰俊さん

足元にも及ばないものの、彼のことを、勝手に自分の相似形の人間だと思っています。THE MINIMALIST PROGRAMARCHIVE2013年のレビューと2014年の抱負image毎年恒例の今年の振り返りと来年の目標の報告をお送りします。1.本業:起業しました11月末にユニゾン・…

受容→昇華

も最初の配属は支店で1年間出納係(お金の勘定や管理)をやりました。来る日も来る日も札束を巻いたり硬貨巻きを作る毎日。その中でも、日常の中の非効率性を探し出して改善したり、他の業務を横から学んだり(かなり制約はありますが)自分なりに日々を無駄…

『坂の上の雲』から『竜馬がゆく』へ

大学の(4+1)年間を経て、僕の人生観が大きく変わった点を、本当に素晴らしく感じている。一言で言うなら、「『坂の上の雲』から『竜馬がゆく』へ」変化した。 ソフトバンクの孫さんが『竜馬がゆく』を少なくとも5回は読み、そしてその本がきっかけでアメ…

覚悟は、あるか?

パリで120人以上の人間が、テロリストによって殺害された。この衝撃的事件を前に、世界中の人々が反応を示し、そしてまた、その反応に対して多くの人々が反応を示している。 僕は基本的に、日本を含めた世界中の国々は、常に戦争状態にあるんだと思っている…