Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

Mess

2015 / 3 / 8

 

僕には素晴らしい外国人の友人が何人か居る。その中の一人が、マレーシア人のMessだ。いまはスコットランドで博士課程にいる。

彼の将来の夢は、「日本に来て教育に携わること」。なぜ日本か?イギリスは国民が統治システムを信用していない、アメリカはあまりにキャピタリズムが強い、中国は政府のコントロールが強い、アフリカでは教育をしても、影響力のある人物をつくれる土壌に無い。

一方で日本人はIQが高く、教養もあり、伝統や文化も重んじ、高い倫理観を持つ。日本人を教育することで、世界を変えることのできる人物をつくることができる。らしい。

 

彼は、おそらく僕がいままで出会った人物のなかで一番、よく物事を知っていて、しかもそれぞれに深くまで考えられている。とにかくカリスマ性がすごい。彼の口から出る一つ一つの言葉は重みがある。まだ27歳。恐ろしい。こんな人と、週一回英語で話ができる環境にある自分は幸せ。

 

今日もいろいろと教えてもらった。忘れないうちに書こうと思う。

・自分の本当にやりたいことを考える。そんなことにあんまり多くの時間を使うな。とにかくまずやってみろ。

・世の中で不満や、おかしいとおもうことを発見したら、とにかく小さくても良いから行動すること。

・会社には、何かをもらいにいく(給料等)ことを目的としていかない方が良い。いかに、その会社で自分のやりたいことをやるか、したい経験ができるかが問題だ。

・会社に入ったら、友達をつくれ。そして、その友達について深くまで知ること。どんな人物か?どんな背景か?そして何より、そいつはどんな野望を持っているのか。全てノートにとって、将来、自分が物事を起こす時に読み返すんだ。そいつらを使え。巻き込め。

・問題を発見したら、まずは自分一人で考えろ。意見を持て。そして、自分が確信をもてるところまで考え抜け。自分が思っている意見が、自信を持って正しいと言える所まで。


・今後日本の経済は、人口の減少とともに間違いなくシュリンクしていく。これは何も悪いことではない。より、効率性が注目され、街もコンパクトになり、人々はよりユニークになる土壌ができる。

 

まだまだ彼から勉強したいことはたくさんある。

 

 

広告を非表示にする