Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

自分の生き方を貫くこと。

大学時代は、人よりも幅広い活動に取り組んだという点、良かったと思っている。よく就職活動をしていると、「学生時代一番頑張ったことは?」という質問が来るが、僕は一つ一つの活動にどれもきちんとした思いをもって取り組んでいたため、なかなか優劣をつけることが難しい。

 

高校までは人生のほとんどの時間をサッカーに費やした。途中から、サッカーに対する情熱がどんどん薄れていったが、それでも、何か一つのことを続けることで、きっと得るものがあるんだと信じてやってきた。

 

これは、半分正しく、半分間違いだろう。まず、正しいという点について。サッカーを10年以上続けたことで、とにかく忍耐力はついた。中学校、高校ともに、強豪校とはいかないまでも、しっかりと部活動に取り組む学校に所属したため、練習では辛い経験が何度もあった。学生時代、合計で何km走らされただろうか。今となっては良い思い出。しかし当時は、地獄にでもいるような気分だった。

 

次に、間違いだという点について。高校までサッカーしかやってこず、かつサッカーに対して情熱や面白みが他の人と比べて薄かったこともあり、大学に入ったらサッカーとは別のことをやろうと考えた。そこで始めたものが大学受験予備校でのアルバイト。大学生のアルバイトとしては非常に月並みな選択だが、しかし、ここで私は人生を大きく変えるほどの経験を積むことができた。簡単に言えば、リーダーとしての経験。高校までは、特段リーダーになる機会などなかったが、大学受験予備校では、10人のスタッフを束ねるリーダーをさせてもらった。初めての経験だったが、意外とこれがうまくいった。振り返れば反省点は多々あるものの、最終的にはプロジェクトをドライブして、結果まできちんと出すことができた。ここでの原体験をきっかけに、その後も様々な場面でリーダーとして物事をドライブすることに携わることになる。

 

単純に言えば、身体を使うサッカーよりも、頭をより多く使う場面の方が、自分にとっては合っている。さらに言えば、「誰かのために働く」「誰かに認めてもらえるよう働く」という状況下で、私自身は大きな力が発揮できるということが分かった。こういったことは、ずっとサッカーにしがみついていただけでは気がつかなかったし、もっと早い段階にサッカーから目を離していれば、また違った人生があったんだろうなと思う。少なくとも、サッカーから目を離したあの時の選択は、私のなかでもうまい判断だったと考えている。

 

人間それぞれ、得意な環境とそうでない環境はきっとあるはずで、いま自分がいる環境に、どこか自分がうまく活かされていない感覚を持っているのであれば、積極的に環境を変えていくべきだと思う。組織をやめたりせず、組織自体を自分のリーダーシップで、自分自身がうまく活かされる環境に作り変えていくことができればそれは素晴らしいことだと思うが、世の中そういったことができることは稀だと思う。(ちなみに、私は現在所属の国際交流団体で、それを実践しているが。)やっぱり、基本はその組織を離れることなのかなと考える。一方で、ただただ単純に辞めるということではもったいない。精一杯、自分を活かす試みを組織内でやってみて、それでもフィットしなかった場合、最終手段を取れば良い。もしかしたら、自分のアクションによって何か小さな変化が起こるかもしれない。どうせ辞めるなら、思い切って自分のやりたいようにやってみれば良いと思う。

 

かつて大学のプログラムで、ニューヨークで働かれている母校のOB、OGと交流するという非常に貴重な機会をいただいた。SMBC日興証券のOBがこんなことを言っていたのが印象的だ。「人間なんて、結局自分のやりたいスタイルでしか働くことはできない。人の上に立つ場面があれば、いかにこのことを理解しているかが重要だ。また裏を返せば、人事の人間も、こういった人間の性質をよく理解している。あなたが本当に自分のやり方で働きたければ、その姿勢を常に貫くことだ。そうすれば、いつかは自分のやりたいことをさせてもらえるだろう。」

 

まだ学生ではあるものの、これを聞いた時にハッとしたことを覚えている。たった一度の短い人生、ただただ上司におもねって、ポリティックスを駆使して上に登り詰めたところで、いったい何が面白いと言うのだろう。それよりも、常に自分のやりたいことを実践して、壁にぶち当たりながらも、自分が楽しいと思えるスタイルを貫き通したほうが、私にとってはそれがハッピーな人生に思える。

 

マルクスの「資本論」を理解したいなら、まず「資本論」のページを開け。」

いま勝手に僕が作った言葉。とにかく、行動から始めよということ。もっと良い言い回しが思いつけば、変えていこうと思う。