Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

高校のOB(おじいちゃん)とお会いして

2015/08/22、夜、Oにて、高校サッカー部のOB(KTさん)に食事に誘っていただく。OBといっても、既にお歳は80過ぎ。僕がアメリカを良好していた際に書いていたFBの投稿を偶然にも見ていただいたことがきっかけで、以前も一度食事に誘っていただき、非常に貴重なお話しをいただいた。その際はご丁寧に、当時KTさんがNYに赴任されていた頃に書かれていた日記をファイルしていただいた。NHKで活躍された方。

 

食事は和食で、お酒をたくさん飲んだ。陽気な方で、お話もとても楽しい。まだまだ元気な方で、軽く下ネタも挟まれる。80歳のじいちゃんと2時間に渡って飲む機会など、そうはない。

 

翌日、お礼のメールを入れたところ、以下のメールをいただき、非常に感動した。

 

メールを有難うございました。

チェスターフィールド4世の名言は著名でして、お渡ししたコピイは私がXXXXで教壇に立っていたときに生徒たちに配布したものです。

遺した名言はもっと多いのですが、XXXXの外資系企業に職場を得た貴君には是非と思ったのです。読んでみると現在でも通じる格言でして

日本で言えば江戸中期に当たります。お役に立てば幸いです。下らぬ話ばかり一方的に喋って己れの老化を感じていますが、昨夜は楽しいひとときでした。

優れた後輩に接すると、ささやかながら小生の経験から得た知識を伝えて置きたいなと思うのです。

深夜遅くまで仕事をして上手く行けば酒を飲んで午前様に帰宅したなどざらでしたが、体調を崩して60歳でXXXを辞めました。

幸いにして快復しましたが、そのときサッカー部の後輩から「如何なる仕事でも身体を壊したら駄目ですよ」と言われたのを思い出します。

仕事に励むと同時に健康に留意して実りある人生を過ごされますように。

 

いただいたチェスターフィールド4世の格言から、個人的に印象に残ったものをいかに記録する。

 

・さりげない気配りが、自然にできる人になれ。

・相手の褒められたがっているところを褒めよ。陰で褒めよ。しかもそれが、確実に褒めた相手に伝わるように、いう相手を選べ。

・美人に対しては知性を褒めよ。

・身分や地位の低い人を敵に回すな。

・立派なジェントルマンとして人望を集めよ。

・知らないふりをするということが、情報を集める最高の方法である。

 

最後の一言、非常に示唆に富む。

A社でインターンを初めてはや一週間、少し方に力が入りすぎていたところ、もう少し気迫を見せるべきであったところ、両面ある。最後の格言の項目を次の一週間で意識したい。

 

少しでもあやふやで、わからないところは速攻で「わかりません」と聞くこと。絶対に、自分をよく見せようと思ってはいけない。