読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

僕とサッカー

今後、サッカーとどう付き合っていこうか真剣に悩む。

大学二年でサッカーの継続的なプレイを辞めてから、時々サッカーをプレイする機会があるのだが、楽しい思いをしたことがない。

 

身体の動きがサッカーに慣れていない上に、頭のなかだけは現役の頃のイメージがうすら残っているため、両者のギャップによって非常に苦しめられる。フラストレーションが溜まる。加えて、一緒にプレーする人たちからも、やはりどれだけ口で言っても結局は現時点での実力で評価されるため、「その程度か」と思われるのが悔しい。

 

いっそ、完全にサッカーとおさらばするのがよいのではないか。

 

そんなことを書き連ねている矢先に、彼女から、「サッカーを続けよう」というお話をいただく。彼女は中高で箏曲部の部長として全国大会にまで出場したほどの実力者であるが、大学ではその活動はせず、社会人になってまた演奏したくなってきたらしい。やっぱり、サッカー続けてみようか。

広告を非表示にする