読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

まる一週間の放蕩期間を終えて

この一週間の放蕩期間を終えて、振り返ってみれば、実に意義深い時間だったなと感じる。

 

まず、社会人になったら、こんなことはできない。

 

加えて、この一週間、特に「前へ進もう」といったことは一切考えず、自由競争社会の呪縛から一旦離れてみることで、自分はやっぱり

勤勉に暮らす

競争して、勝つ

常に前を向く

といった環境の方が、苦しみは多いものの、まだマシだなといった納得を得ることができた。

 

今回の放蕩期間は、これで人生最後にしようと思う。

 

これからは、とにかく勤勉に、気持ちよく暮らす。

 

そのコツとして、まずは、あらゆる娯楽に触れないというのが僕の昔からのやり方。ちょっと煮詰まってきたから休憩に。。。というのが、僕の場合は一番よくない。そこを踏ん張る。徹底して、勤勉の世界に没頭する。そうすることで、より気持ちよく、シンプルに人生を歩むことができる。

 

《追記》 

一生分寝たと言っても過言ではないくらい眠っていた。

もはや、気持ち悪い。頭を再び忙しいモードに切り替えるのに少し時間がかかりそうだ。早く忙しい感覚を戻したい。

 

でも、投資銀行に入ったら、今度は全く逆の感覚を持つことになるのかな。