Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

とりあえず、取り掛かる。

僕にとってストレスの最大の原因は、「分からない、先が読めない、未知である」こと。若干強迫性障害の疑いありの性格ゆえに、物事が計画通り進まないと、非常に精神的に不安定になる。それゆえ、そもそも物事の計画が立たない、見通しがわからないというのは、僕のメンタルにとって最悪だ。

 

ライフネット生命の岩瀬さんが、自身の著作の中でこう言っていた。「仕事をもらったら、とりあえずすぐに取り掛かる。ざっと全体をさらってみる。5分間それをやってみると、最初に指示を受けたときに出てこなかった疑問点が見えてくる。それらをまとめてもう一度上司のところへ行き、もう一度ブリーフィングを受ける。」これが、仕事を進めるうえで一番早いと。まさにその通りだと思う。

 

僕の性格を踏まえたうえで、気をつけていかなくてはいけないルールは、「まず、見通しの立っていないtaskに関して、最優先で取り掛かる。そして、先の見通しが立つまでは、徹夜してでも、全力で取り組み続ける。」

これがおそらく、精神衛生上ベスト。体力的にはきついかもしれないが、直前で必死になって詰め込むよりも、時間的に余裕のあるタイミング、精神的に安定しているタイミングでガッと詰める方が、仕事の進め方としてはずっといい。

 

しかし、そういった心の準備をしていたとしても、いつかは必ず、「直前になって焦ってやる」ということが求められてしまうのが仕事であり人生。こちらへの対策も、なんとか見出していきたい。