Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

人生の勝ちパターン

自分に何か他人により秀でたものがあるとすれば、それは、戦略や戦術を立てることにあるのかもしれない。何より一番印象的であった経験は、東大受験。サッカー部を引退し、文化祭の活動を終えたのが高校三年の10月。周囲から現役合格を絶望視されていたなかでの逆転合格であった。これは偏に、自らの才能が遺憾なく発揮された瞬間であった。これは僕の人生における「勝ちパターン」である。この部分を、今後も意識して成長させていこうと思う。

 ■人生の勝ちパターン

①現状を分析し、大まかに課題を整理する。

②ゴールから逆算した中長期目標を設定。

③中長期目標を踏まえた上で、課題を、30分~1時間くらいの時間で処理できる小ささまでブレークダウン。

④最後に、一週間単位で、ブレークダウンした課題を効果的に配置。

⑤これら戦略・戦術を実行。実行の中で、現実と見合わせながら柔軟に戦略・戦術を変化させていく。

 

・戦略・戦術を立てる際は、最初から完璧主義者にならず、ひとまずざっくりと決めてしまうという気持ちを持つこと。実際にやってみなければ、実現性の高い戦略・戦術は立てられない。

 

・「詳細な計画を立てる」ことにより、時間を生み出すイメージ。実際ほとんどの人間が、時間をうまく使えていない。どれほど困難な課題であっても、うまく時間を使うことができれば、楽々と突破することができる。

 

・ちょっと暇なときにFacebookを見る、録画していたテレビを見るといった、娯楽に安易に走らない。どうせ頑張るなら、それらを徹底し、自らが没頭する世界から排除してしまったほうが、精神的にはずいぶんと楽。

 

・実行の際に重要なことは、モチベーションをつけること。僕の場合にぴったりなのは、理想の人物になりきること。研究する際にはThe Imitation Game、ベンチャーで働くときはThe Social Networkなど。