Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

神の存在

これまでに神の存在を確かに感じたことが何度もあった。

一番初めは、もう何年前のことだったかさえ忘れている。しかし、神の存在を感じたという確かな記憶だけは残っている。とにかく、僕が小さいころ。その日は妙にむしゃくしゃしていて、穏やかな気持ちではなかった。自転車に乗って、母の後ろを追っていた。夕飯の買い物でも行く時だったかと思う。自分のイライラを、自転車に乗りながら母に当たり散らしていた。母もストレスが溜まっていたのだろう、まったく取り合ってくれない。僕は母の注意をひこうという気持ちと、このどうしようもないイライラからくる虚脱感から、坂道を一気に駆け下りた。そのまま、坂の下の横断歩道の信号を無視したのだと思う。気が付いた時には自動車のクラクションがブーブー鳴り響いていて、僕はひたすら泣いていた。周りから、「まぁ、危ない。」「よく助かったわね。」といった声が聞こえてきたのを覚えている。自分でも、坂道を下っているその時間は、「もしかしたら死ぬかもな」という気持ちがあった。結果として、死ななかった。その後の記憶はもう残されていない。

二番目に感じたのは東大受験。うまくいけばそのまま現役合格、だめでもまあ、順当といったところの準備の出来。緊張しいの僕は本番でいつも以上に力が出せず、英語では全くリスニングの音声が聞こえず、午後の試験時間にはあまりの緊張にのどが渇いてしまい、試験監督に申し出て教室の外に出て給水をさせてもらったほど。とにかく必死にやったものの手ごたえは全くなく、帰宅するなり両親にダメだったという報告をした。発表日もいちおうキャンパスには行ったがどうせない数字を確かめに行くのも面倒で、遠目から掲示板を眺めてなんとなく無いという確認をして、一人寂しく家路についた。その道中で、予備校の先生から電話が。「お前、今どこだ?何で帰ろうとしているんだ。早く戻ってこい。」しっかり数字を確認していなかったせいで、掲示板の一番下にあった自分の受験番号を見逃していた。でも、その時は不思議でしょうがなかった。あれほどできなかった試験が、どうして合格なのか。試験以降ためらっていた自己採点をしてみたら、各科目の記号選択問題が偶然にもほとんど合っていた。

三番目に感じたのは運命の人との出会い。大学に入りたての頃、サークルの新歓に出席するのに忙しかった僕は、連日の深夜にわたる宴会で疲れ果てていた。当日は本命のサッカーサークルの練習があったものの、どうも気分も体調も乗ってこない。そのまま今日はおとなしく帰ろうかという時に、なぜか今日は無理してでも出席したほうが良いのではないかという気がした。理由は分からない。なぜその心の声にしがったのかも覚えていない。とにかく僕はその日は練習に行き、そして、その日マネージャーとして来ていた一人の美しい女性を発見した。その人だけ、輝いていた。なぜだか知らないが、背景に白い光が輝いて見えた。その後のサークルの食事会では自然とその人と同じテーブルになり、あまり話せなかったものの帰り道が同じということで電車内で話し込み、連絡先を交換してその日はお別れ。すぐに向こうからメールが来て、「会いましょう」と。そのまま何度も会わないうちに付き合いはじめ、6年付き合った末に結婚することに。

四番目に感じたのは国家公務員試験。当時は自分は官僚として国に奉仕し一生を終えるんだという目標だけが生きるモチベーションだった。大学3年の9月に受験したのだが、大学4年の5月にももう一度チャンスがあるということで、今回の受験をそれほど重要視することなく、直前で大学のプログラムでNYに1-2週間ほど滞在するなどしていた。そのプログラムから戻ってきた直後、予備校で9月の試験に向けて必死に頑張る周囲が目に入り、異常に焦りだす。変なところで負けん気を発揮する自分は、急にこの試験に勝たなくてはという気に駆られだした。それにしても準備が整っていない。試験まで時間がほとんどない。かつてないプレッシャーのもとで、ストレスのせいで夜眠れない日々、日中も頭がぼーっとする日々を過ごしながら、なんとか頑張る。計画を細かく立てて、とにかくその計画に無心になって従い、フルコンディションでない脳みそにムチ打って詰め込む詰め込む。そして試験当日、結局思うような準備ができていない/コンディションも悪いなかで、当日の頑張りでの挽回を見込み、試験に挑む。試験中、あまりの緊張と今朝飲んだリポビタンDシナジーで鼻血が止まらない。マークシートに血が付く。果たして機械はこのシートを読み取ってくれるのかという不安をかかえつつ、とにかく問題にくらいつく。試験後は東大受験の時と同じ、まあ、だめだろうなという手ごたえ。彼女に泣きつく。おとなしく来年の試験に備えて勉強再開。そして試験結果が届く。まさかの合格、かつ席次が90/180位と悪くない。

五番目に感じたのは就職活動。どうしても外資投資銀行M&Aがやりたかった僕は、学部が経済学部ではなかったこともあり、なかなか苦労していた。まず新卒としては日系の投資銀行かなと見切りをつけ始めていたころ、とある外資投資銀行の懇親会。自分から名刺をもらうといった高等芸のできない僕は、長々と話し込む友達を待っていた。気が付いたらその友人は、社員に名刺をもらおうとしている。「ついでに僕もいただいて良いですか?」なんとも図々しいという友人からの視線を感じつつ、そのまま名刺をもらい、せっかくだからということでその人にメールを送った。OB訪問ではなかなかその人と話が弾み、結局僕はその会社にお世話になることに。