Reflection

毎日の気づき、反省を書き留めて...

2019年の目標

2018年は結婚して、子供が生まれ、父になった。12月31日の大晦日、休暇前に投げられた仕事の進捗が芳しくなかったので、午前10時からオフィスに行って、午後7時くらいまで働いた。正直、オフィスにいる間は仕事が手につかなかった。どうしてこんな日に働いているのかというやりきれなさがあった。でも、年明けのスケジュールを見てみると、やはりこの日にある程度進めておかなくてはならなかった。夜遅くに家に帰った。妻と子供が待っていた。妻が悲しんでいた。何日も前から、年末年始の献立を考えていてくれていた。家族でゆっくり過ごそうという計画をしていた。結婚して子供が生まれて初めての年末年始、普通のことだと思う。人生の歩み方について改めて考えさせられた。

 

・本当に大切なことだけにフォーカスすること
実は本当に大切なことはそれほど多くない
余計なことに時間を使わない
そのために、常に相手は何が欲しいのか、何を期待しているのかをいの一番に考えて、まずそこに一直線に突っ込むこと
資料をつくるとき、背景からしっかり理解して、細かい部分もきちんと把握してつくっていく。これも、大事なことかもしれないが、まず第一にやることではない。限られたリソースの中で、結果を最大化させるために、まずは最も大切な部分に直接切り込む。ここで最低水準を上回ることができたら、はじめてそうした些細な部分に手当てしていく。仕事の資料作成は大学の論文ではない。自分の知識増大のためにやっているのではない。それは余暇の時間に好きなだけやればいい
仕事が発生して/与えられて、忙しい中でこうしたメタな行動に時間を使うのは、僕だけかもしれないけど、非常に怖いこと。少しでも物事を前に進めたいと思う気持ちが、こうした行動を自然と阻む。だけど、結果的にはこのメタな行動をどれだけしっかり行えたかが、良い仕事ができるかどうかのカギを握る
人生を生きる、仕事をするなんて、一つ一つの動作を分解してみてみれば、まったく難しいことはやっていない。ただ、全体として当たり前のことを当たり前にすべてきちっとできるというのは、多くの人ができてない中で非常にバリューとなる
それは、よりシンプルに生きるということでもあって、複雑に見える世の中を生きていくうえで、非常に重要なことなんだと思う
毎日、大量のto doが押し寄せてくる。それに、優先順位をしっかりとつける。一度に二つのことは同時にできない。できそうにないことはきちんと他人に相談して、手分けしてやってもらう
常に考えるということが大事。考えることを怠ってはいけない。恐れてはいけない。大量の仕事が降ってきたときは、考えることを躊躇する。頭ににんじんをぶら下げられた馬のように、やみくもに前に失踪しようとする。そうではなくて、常に頭をつかって考える
人と競うのは不毛。自分が人よりも優位に立とうというのは、確かに物事を進める原動力になるかもしれないが、

昨年の自分のテーマが「狂」だったことを思い出す。狂の次は、大切なことだけに、なんだかステップ踏んでるなと。狂は、結局強烈な上司に引っ張られて、いちおうなんとかできたような気がする。今年のテーマは難しい。自分の主体性が求められる

本当に必要なことだけにフォーカスするためには、何かをするのではなくて、何かをしないという選択が非常に重要だと思う。ある程度の余裕をもってこそ、こうした判断がとれるようになるのだと 。一方で、これは必ずしなくてはならないということは常に頭に入れておく必要がある

 

・あくまでも他人のために生きること
優先順位の第一は家族であり、お客様であり、同僚
自分の成長やスキルを高めるために時間を使うということは、自分が他人のためにやるべきことをやったうえで初めてやるべきこと
人間は一人では生きられず、誰かの助けが必要
他人が支えてくれる、協力してくれるから、こうして毎日元気に生きられる
特に、今後死ぬまで一緒に過ごす家族については、一番大切にすること
環境が目まぐるしく変わる中で、一番支えになってくれる

 

・挑戦を楽しもう
困難にぶち当たっても、苦しい顔をしない。どれだけ失敗したって死にはしない。

 

・他人との衝突を恐れない

大切なことにフォーカスするためには、時に対立も必要

常にやることを明確にする。衝突を恐れて時間を潰すようなことはしない。進むべき方向がわからないままやみくもに時間だけ消費することは、精神衛生上良くない。恐れず、常に自分で考えて、責任を持つ覚悟を持ち、行動すること。